顔が小さく見える 髪型

MENU

顔が小さく見える髪型「目の錯覚」を活かして小顔に!

 

顔が小さく見える髪型を知っておけば、ここぞ!って時に便利なのでご紹介しておきます♪

 

小さく見えるっぽいではなく「目の錯覚」を使って理論的に小顔にみせちゃいましょう。

 

テレビで見た情報なんですけどね、これ、理にかなってるし使わない手はない!

 

顔が小さく見える目の錯覚とは?

 

二つの長いものがあるときは、色の薄い方が大きく見えます。

 

小顔に見える目の錯覚

 

でも、この色の配色を活かして、小顔に見えるという効果を狙います。

 

目の錯覚方法

 

色の薄い部分に、色の濃いものを使って重ねて2分割すると、薄い色の方は、短く見えるような目の錯覚がおこります。

 

薄い色の方が、面積が小さく見える!これを引用するんです。

 

小顔のポイント説明

 

そう!顔が大きく見えるのは、ほほの面積の影響なのです。

 

だから・・・

 

顔の面積を小さく見せる

 

顔の頬の大きな部分を、髪の毛の黒で2分割する!!

 

というのが「顔が小さく見える髪型」の大きなポイント!!

 

AKBの人達や、アイドルがよくしている髪型だ!!!だから、あの人達この髪型だったのねって思いました。

 

目の錯覚の研究者が一番オススメする「触覚ヘアー」この髪型をするだけで

 

顔の面積を小さく見せる

 

あなたも、相手に顔が小さい人だと、錯覚をおこさすことができます♪

 

凄い!この方は、ただでさえ小顔で可愛い方なのですが、さらに小顔で可愛い顔に。

 

そして、もっと小顔に見える最強アイテムが、つばの広い帽子。

 

帽子をかぶるとさらに小顔に

 

面積が大きなものに包まれると、目がその包まれている物は小さく見えるように錯覚するのだそうです。

 

普通の女の子が、アイドルみたいに見えてきた!と私は思いました。

 

髪をまとめる時も、この目の錯覚を使うと、小顔に見えるんです。顔の広い面積はとにかく2分割!

 

髪を束ねる時も顔が小さく見えるように

 

横から見られた時も、小顔に見えるようにできる髪型だから、しっかり2分割に見えるまとめ髪をすると

 

顔が小さく見える髪型の完成です!

 

よく、あるパターンの髪型だけど、理論に基づいての小顔ヘアーなので、鉄板ですね♪

 

私も、早速今日からこの髪型にしております(*゚▽゚*)

 

 

 

関連記事:手術しなくてもいい小顔施術ってある?

 

 

 

トップページに戻る